Home > ベアリングユニットの構造

ベアリングユニットの構造

NTNベアリングユニットは,二重シール付き玉軸受と,色々な形状の軸受箱を組み合わせたもので,軸受と軸受箱の球面はめあい部で調心性がある最適なユニットです。

特に止めねじ式のベアリングユニットは,NTN独自のボール入り止めねじを使用していますので,振動や衝撃荷重のある場合でも止めねじの緩み止め効果に優れています。

軸受箱は主として鋳鉄製と鋼板製に大別され,標準は鋳鉄製で,特別な用途については球状黒鉛鋳鉄製や一般構造用圧延鋼材製,およびステンレス鋼鋳鋼製や樹脂製軸受箱などがあります。


ベアリングユニット構造図