Home > NTNベアリングユニットの特長 > 特長6:ストレッチャーユニット

特長6:ストレッチャーユニット(R)

変形の少ないストレッチャーユニット®のフレーム

縦フレームの変形を抑えるため、左右の縦フレームの内側へ補強板を溶接しています。(Mタイプ)
またM300タイプでは,上部フレーム両側面にも補強板を溶接しています。

CM-UCM320-50   M320の縦フレーム補強板

スライド面、調整ボルトの防錆処理

下部フレーム(スライド面)と調整ボルトに亜鉛めっきを施しているため,錆びにくく、スムーズにストロークの調整ができます。

調整ボルト   下部フレーム

荷重負荷時の事故防止

調整ナット

ストレッチャーユニット®に荷重を負荷すると,調整ナットに荷重がかかり,調整ナットが破損する恐れがあります。こうした事故を防止するため,調整ボルトとナットを溶接し、強度アップを図っています。