Home > NTNベアリングユニットの特長 > 特長7:ポリルーブ軸受

特長7:ポリルーブ軸受

熱固化型グリース(ポリルーブベアリング用潤滑剤)

熱固化型グリースは,潤滑グリースと超高分子量ポリエチレンを主成分とする潤滑剤です。常温ではグリース状ですが,一度加熱し冷却する(焼成処理)と,多量の潤滑剤が保持されたまま固化します。

一般用ポリルーブグリース

一般用ポリルーブグリースの記号:LP03

  • 水分との混合,乳化によるグリースの短寿命化が少ない
  • 遠心力が作用しても油分漏れが少なく,周囲を汚染しない
    (遠心力3000Gで4時間後2〜5WT%)
  • 攪拌抵抗がほとんどないため,起動・回転時の低トルク化を実現
    (UC204D1UでLP03は標準グリース比1/3)
名称 適用 使用温度範囲 許容回転速度
LP03 標準
(一般用途)
外輪温度−20〜+80℃
(常時使用温度:60℃以下)
dn:120,000

dn=軸受内径寸法d(mm)×使用回転速度n (min-1)
※有機溶剤のかかる条件下では使用できません

食品機械用ポリルーブグリース

食品機械用ポリルーブグリースの記号:LP09

  • 水分との混合,乳化によるグリースの短寿命化が少ない
  • 攪拌抵抗がほとんどないため,起動・回転時の低トルク化
  • 遠心力が作用しても油分漏れが少なく,周囲を汚染しない
    (遠心力3000Gで4時間後2〜5WT%)
  • NSF H1規格のグリース+
    FDA規格の超高分子ポリエチレンで構成。食品機械に適用可
    NSF:国際衛生科学財団
    FDA規格:アメリカ食品医薬品局規格
名称 適用 使用温度範囲 許容回転速度
LP09 食品
機械用
外輪温度−10〜+100℃
(常時使用温度:80℃以下)
dn:100,000

dn=軸受内径寸法d(mm)×使用回転速度n (min-1)
※有機溶剤のかかる条件下では使用できません